ためになるネタちゃんねる » 雑学 » 金融と経済 » タックスヘイブン 意味は?実態は?わかりやすく徹底リサーチ!

タックスヘイブン 意味は?実態は?わかりやすく徹底リサーチ!

読了までの目安時間:約 4分

タックスヘイブンという言葉を知ってますか?
ニュースなどでケイマン諸島が、
かなり話題になっていたのですが
 
いまいちわかりにくいと思う方も
多いと思います。そこで世界の裏事情も含めて
ここで詳しく解説しちゃいます!


Sponsored Links


タックスヘイブンってどういう意味?

タックスヘイブンとは税金を逃れる場所を意味します。

そしてヘイブンとは避難場所のことで、
天国という意味ではないと、よくいわれていますが

どう考えたって税金が逃れるんだから天国ですよね^^;

タックスヘイブンはどこにあるの?どんなことしてるの?

タックスヘイブンは

モナコやサンマリノ、ドバイ、特に
ケイマン諸島などで流行ってる制度で

租税回避、つまり税金をゼロにしたり
大幅減税にすることができることを

条件に世界中から名だたる有名企業や有力な大富豪を

招いて、たくさんの資金を集めまくり、

いろんなところに投資をしたり
観光やペーパーカンパニーの登録費用を
もらうなどして収入を得ています。

ペーパーカンパニーとは?

ペーパーカンパニーとは
実際に運用されてない書類上の子会社
と言う意味です。

有名企業がよくタックスヘイブンを
利用する方法として

ペーパーカンパニーをつくり
登録費用などケイマン諸島などの

タックスヘイブンの国に
払ったりしています。

香港やシンガポールなどのアジア諸国も
税金が非常に低いので事実上

タックスヘイブン制度を採用しているといっても
過言ではないです。


Sponsored Links


タックスヘイブン制度を使わなければいけない国の裏事情とは?

これらタックスヘイブン制度を行っている国々は
自国の産業を持たないので、この制度を採用
しなければ国の存続も危くなるという裏事情があります。

それにタックスヘイブンはオフショア金融センターとも呼ばれ
通称オフショアで通るくらい認知されてきました。

ですから、タックスヘイブンの国にとって
タックスヘイブンをやめるといった考えは

一切もっていないのです。

有名企業がタックスヘイブンを利用するわけとは?

有名企業からしてみれば、ほんとは自国に税金を
収めて貢献したいのだとは思いますが自国に税金をおさめるよりも

ケイマン諸島などのタックスヘイブン制度を利用したほうが
税金を払わなくていい
ので、自国に収めたくなくなるわけです。

タックスヘイブンは法律的には大丈夫なの?

たとえ、自国に税金を払わなくても法律としては
ギリギリセーフなので、罰則は現段階ではありません。

そこで、さまざまな先進国がこのままでは
莫大な税金がとれずにいることにいらだち、

法人税の引き下げをおこなったりしているのですが
このままだと採算がとれなくなってしまうと判断し

税金逃れをなんとか防ぐために世界中で
議論を重ねて税金を課す制度をつくるなど
して対策をはじめました。

これがタックスヘイブン対策税制といわれるもので

タックスヘイブンにある資金をすべて親会社の
利益とみなし課税するようになりました。

このように先進国と有名企業との仁義なき
戦いが、目に見えないところで行われていたんですね。


Sponsored Links
The following two tabs change content below.

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ズバっとコメントありがとうございます。