ためになるネタちゃんねる » ドラマ » 能年玲奈がいいとも心配で放送事故の背景は?あがり症?計画的?天然?

能年玲奈がいいとも心配で放送事故の背景は?あがり症?計画的?天然?

読了までの目安時間:約 6分

NHKの連ドラ「あまちゃん」主演といったら、
すぐにイメージで浮かぶのが能年玲奈(のうねん れな)
能年のおかげであまちゃんの好感度は上昇しっぱなし!
 
ですが、そんな能年にも
つらい試練がやってきてしまいました。
 
なんと能年自身がいいともで
放送事故と呼ばれる原因を作ってしまいました。


Sponsored Links


今回はその背景に迫りたいと思います。

 
突然現れた能年の修羅場!!

事の発端は10月7日の笑っていいともに能年が出演したときのことです。

タモリさんの質問に間を空けてしまう場面が多く、
声もなんだかこっそりと
喋るような感じ
になってしまったので、

タモリが能年の緊張を悟ってフォローしまくったのですが、
せっかくのフォローを台無しにしたと話題になっています。

 
これが原因で、能年玲奈の評判はメディアによって叩かれ、
能年って天然コミュ症計画的に作られたキャラ?など
さまざまな憶測を呼ぶことになってしまいました。

 
でも、能年の受け答えがかわいいという
ネットの反応もかなりあるので、
とにかく頑張ってください能年さん!と言いたいですね。

 
笑っていいともを筆者が見たとき、
筆者には能年があがり症のように映りました。

 
いいともに出演する前にファンが
「能年ちゃん、人見知りだけど大丈夫?」
と心配していたのですが、
そのとおりになってしまいました。

 
人見知りの性格の場合は、とくに緊張しやすいと思います。

そもそも照れやすいから人見知りになるわけで・・・
なんか、わかる気がすると思ってしまいました。

 
能年があがり症?と思われるシーンがありましたので
振り返っていきたいと思います。

 
能年が緊張していると受け取れるいいとものシーン

まずは、いいともに登場してきたときの様子。

能年がいいともに登場します。
観客の「かわいい」という声と同時に猛烈な拍手が起きる。

タモリ「はじめてお会いしますね」

能年「よろしくお願いします。」

タモリ「どうぞどうぞ」
と椅子へ座るように促す。


Sponsored Links


椅子に座ると能年が目をキョロキョロと挙動不審になる。

タモリ「なに驚いているの?」

能年「・・・」

タモリ「はじめてだもんね。」

タモリ「スタジオはこんな感じでやっています。」

 
ここまでの流れで気づいたこと。

能年は大きな拍手のあとで挙動不審になり始めたので
あまりの観客とその拍手の多さに緊張していたのは間違いなさそう。

やっぱりあがり症の可能性が高そうです。

 
タモリの「なに驚いているの?」という一言でさらに
動揺してしまった
のではないでしょうか。

笑っていいとも!に出る前にいろんなバラエティ番組で
場慣れさせたほうが良かったのかもしれないですね。

そしてタモリに「肌の色、白いね?
と聞かれると

能年は「ファンデーション・・・」

と答えてしまい、完全に空気が読めなくなっています。
もう、能年の頭の中は真っ白だったのでしょう。

タモリに「そりゃそうでしょ。」と突っ込まれ、
能年はさらに動揺・・・。

タモリに
「目がきらきらしてるね」と言われると、

能年は「・・・」
と喋れなくなってしまっています。

能年が受け答えできずに沈黙の間が続く。

能年「なんか・・」
一生懸命に喋ろうとするが・・・

タモリ「はっ?」
とあきれてしまう。

なんとかせねばと能年が

「この前、渡辺絵里さんに小動物が
黒い目をしてるのは殺されないためで
光をとりいれてるからだと言われて・・・」

と、あせりからタモリの質問に
おかしな回答をしてしまうので余計、
変な空気になってしまったのでしょう。

 
いろいろタモリさんと能年のやりとりがありましたが、
こんな調子で番組が進んでいきました。

そして、ダメ押しの場面が来ます。

能年の高校の話あたりで

タモリが「オーディションをうけたの?」と質問しました。

能年は口ごもってしまい・・・
さらに場が凍り付いてしまいました。
ここまでが放送事故と言われる背景です。

 
もし能年が仮にあがり症だとすれば、
簡単には治らないので、
しばらくはバラエティに出ないほうがいいですね。

せっかく日本を代表とする女優として、
いいスタートを切れたので、頑張って欲しいですね。

以上です。ありがとうございました。


Sponsored Links
The following two tabs change content below.

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ズバっとコメントありがとうございます。