ためになるネタちゃんねる » 生活 » 車関連 » 自動ブレーキはやっぱりアイサイト?搭載車や安全性をリサーチ!

自動ブレーキはやっぱりアイサイト?搭載車や安全性をリサーチ!

読了までの目安時間:約 4分

自動ブレーキが現在どこの自動車会社でも
取り入れてるのをご存知ですか?
よくCMでもやってますよね^^
 
今回は、自動ブレーキのシステムや
搭載されている車種や安全性について
詳しく知りたいという方のために
とことんリサーチしました!


Sponsored Links



自動ブレーキとは言葉のとおりで
自動的にブレーキがかかる装置のことです。
別名ではプリクラッシュ・セーフティ・システムといいます。

なんだか、かっこいい名前なんですが、
ちょっと長い名前なので覚えにくそうですね^^;

この自動ブレーキが搭載された車を載ることで
間違ってよそ見をしていた場合、普通なら衝突する場合でも

ぶつかることを防ぐことができそうです。

もはや安全面まで自動化って・・・人間の技術力は
すごいですよね・・・

だからって、わざと、よそ見をしては駄目ですよ。
まちがって作動しなかったら、

恐いですからね(;・∀・)

これは、近年、お年寄りがブレーキとアクセルを間違って踏んでしまう
事故が多発したことから開発が進められてきたんだと思います。

この自動ブレーキの仕組みは
車に搭載されたレーダーにより前の車との車間距離を測り

あぶないと判断されるくらい接近すると
アラームがなり、ドライバーに注意を促すそうです。

それでも、ドライバーが正常な判断ができずに
いた場合、自動でスピードがダウンして

衝突する前に止まるようになっています。

大型バスにも自動ブレーキシステム義務化がきまりました。

最近では大型バスの事故も多発していることから
この自動ブレーキシステムは大型バスにも

義務化され、予定では2014年11月から
搭載されるようになるそうです。


Sponsored Links


自動ブレーキはいつごろ採用されたの?

自動ブレーキが開発され
2003年に自動車会社がこぞって
一斉に採用し始めました。

ホンダのインスパイアが世界初
の自動ブレーキ搭載に成功し

後に続くように
トヨタのセルシオと日産のシーマに
搭載されました。

最近の自動ブレーキ搭載されている車種は?

実は、車種はスバルや三菱マツダなどは
オプションとして搭載してるみたいなので

自動ブレーキシステムのオプションが
付いている車種を選ぶと良いみたいです。

オプションの自動ブレーキシステム名という
ものがあり、その中でも有名なのが

なんといってもスバルのアイサイトです。

ぶつからないクルマって言ってますからね^^

オプション価格は約10万円。

このアイサイトのよさは動画をみることで
分かってきます。

そのほかにも三菱のイーアシスト
オプション価格が約9万円。

マツダのアイアクティブセンス
オプション価格が約15万円。

ダイハツのスマートアシストなどがあります。
オプション価格が約6万円。

とくにダイハツのスマートアシストは新型ムーヴ
に搭載されているので有名です。

自動ブレーキの安全性は・・・?

この自動ブレーキシステムは
本当に自動ブレーキ搭載して事故は起きないのかと

いうと、実際のところはまだ起きているようです。

どうやら不自然にブレーキがかかるので
後続の車に追突される事故がおきてしまい

トヨタと三菱がリコール(回収のこと)を届けたようです。

まだまだ、進化途中の自動ブレーキですが
自動ブレーキシステムの改善され

事故が少なくなってくれれば
ほんとこれ以上うれしいことはないですよね^^


Sponsored Links
The following two tabs change content below.

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ズバっとコメントありがとうございます。