風疹ってよく騒がれていますが
知らない人も意外といるはずです^^
ですから、今回はこの病名が一体どんな症状なのか?
について真相に迫ります!


Sponsored Links


いますぐ予防法を身につけましょう!

 
風疹とは、別名で三日はしかと呼ばれています。
そして人から人へ伝染します・・・
 
もしこの病にかかると最初は微熱が生じて、せきや鼻水がとまらない、
はんてんが全身にあらわれます。
 
しかし5日もあれば、はんてんは消えるようです。
 
風疹患者の半分くらいが39度あたりまで発熱します。
そしてなかなか熱が引かず3日くらい続くのがパターンです。
 
1週間くらいで首のまわり
(耳の後ろやあご、後頭部)のリンパ線が腫れたりします。
 
目も充血したりします。
 
もちろん、風疹に子供が感染した場合は感染を予防するために
絶対に学校へ行かせてはいけません。

 
 
しかも、いまだ劇的に改善する治療法が見つかってないので
一度感染したら治るまで我慢しなくてはいけないみたいなので
 
予防接種をできるかぎり早く受けなくてはいけないようですね。
 
風疹は一回かかると免疫ができるので
2度かかることはほとんどないようです。
 
 

風疹予防接種の時期はいつ?予防接種受けてないひとも!?

 
現在では1歳から3歳までに摂取するのが
当たり前になってますが、
以前は中学のころに受けるのが普通だったようです。
 
 
1979年4月2日から1987年10月1日までに生まれた人たちは、
ワクチン接種を受ける機会がまったくなかったようです。

さらに1977年から1989年の間に中学生だった男の子も、
まったくワクチンの接種ができませんでした。
 
ということは現在20代から40代の人たちは
ワクチンの接種をしていないので
これが現在大騒ぎになっている原因だそうです。

風疹の予防接種をしてないと妊娠してはいけないワケとは?

 
女性の方で妊娠している人は非常に注意です。
風疹にかからないように気をつけてください。
 
といっても予防接種してないと防ぎようがないので
予防接種をするようにしてください。


Sponsored Links


間違って妊娠しているときに風疹にかかると
中にいる胎児にも影響がでてくるらしいのです。
 
難聴や白内障や緑内障、心疾患などに
かかる可能性があるようですので
 
まだ風疹にかかってない人で
予防接種を受けてない20代から40代の方たちは
一刻もはやく予防接種するようにしてください。
 
とくに女性のかたは、もし妊娠してしまうと
予防接種は受けられない
ようです・・・
 
また予防接種してから2ヶ月は妊娠してはいけない
みたいなので要注意です。
 

風疹の予防接種の費用はどれくらい?

 
風疹の予防接種の費用は接種を受ける場所によって
違いますが多くても1万円をすこしオーバーするくらいだそうです。
 
ですが助成金もでるところがあり、思ったほど費用がかからない
ところも出てきています。

高機能マスク「モースプロテクション」箱入り(50枚/セット) 送料無料★ノロウイルス・感染性胃腸炎・風疹・h7n9亜型・PM2.5・黄砂の感染予防に!鳥インフルエンザ・風邪の予防!細菌や粉塵から防ぐために!花粉・アレルギー対策に! 子供用あり

価格:5,679円
(2013/7/6 02:28時点)
感想(32件)


まだ予防接種を受けてないかたは
うまくいけば全額助成金がでるところもあるようですので
お近くの保健所や市役所などに相談してみてください。


Sponsored Links
The following two tabs change content below.