情報 豆知識 

ためになるネタちゃんねる

日常生活にすぐに役立つような(ためになるネタ)を配信していきます。

月経前症候群を症状一覧でチェック!サプリで改善して快適な毎日!

読了までの目安時間:約 11分

 

20代から40代までの女性で月経の2週間から1週間ほど前から
起きる月経前症候群(通称:PMS)という症状があります。
症状はさまざまなので早速、症状一覧でチェックしていきましょう!
 
tameneta2501

月経前症候群の症状一覧!特徴とは?

こんな症状のある方は月経前症候群にかかっています。早速チェック!!

  • 無性にイライラする。
  • 1人になると泣いてしまう。
  • 自分が嫌になるなど感情の浮き沈みが激しくなる。
  • とにかくやたら眠い。
  • 衝動買いや食欲がとまらない。
  • 頭痛や体が重たいなどの体調不良がある。
  • 月経前症候群は月経が始まるまでは
    上記のような症状が多くなり
     
    月経が始まると月経前症候群は突然消えてしまうので
    ついつい見過ごされてしまう症状なのです。


    Sponsored Links


    これらの症状のどれかが心当たりのある方に
    今回は月経前症候群をどのようにしたら
    解消できるかについてご紹介していきたいと思います。

    月経前症候群になると生じる
    上記の原因と症状を具体的に見ていきましょう。

    無性にイライラする

    彼氏さんや旦那さんのちょっとした言動や行動でも
    ナーバスになってしまうことで
    イライラするケース

     
    女性にとって月経前症候群の症状があまりにつらいので
    精神的にも身体的にも耐えられず
     
    ひどい言葉を浴びせて人に当たってしまうケースなどがあります。

    事情を説明したところで
    周囲の人にはまったく理解してもらえないので
    怒りやすい性格だと勘違いされてしまいます

    たとえば既婚者の女性なら旦那さんや子供に
    八つ当たりしてしまうのが問題となっていて。
    離婚や別居などの家庭崩壊につながる要因
    となっています。

    無性にイライラするのは以下のような仕組みが原因です。

    生理はエストロゲン(卵胞ホルモン)と
    プロゲステロン(黄体ホルモン)の
    2つの女性ホルモンの働きによって行われています。

    この2つの女性ホルモンの量は本来は
    一定でバランスを仲良く保っています。

    そして排卵期から月経前まで身体のプログラムにより
    妊娠しやすくするためにプロゲステロン
    過剰に分泌されるようになります。

    するとエストロゲンとプロゲステロンの
    バランスが崩れてしまいます
    ので
    セロトニンという心を安定する物質が激減してしまいます

    セロトニンが減ることで血糖値も減ってしまうので
    脳が「血糖値を増やせ」とアドレナリンを分泌します

    アドレナリンは興奮作用以外にも「闘争しなさい」「戦うんだ」という風に
    脳から命令をする物質でもあるので
    イライラしてしまう原因となります。

    1人になると泣いてしまう

    周りに人がいると泣かないのですが、
    ひとりになると、緊張から解き放たれるため
    泣いてしまう
    ケース、

    「悲しくてどうしようもない」と思えるような
    過去を急に思い出してしまい、
    泣いてしまう
    ケースなどがあります。

    特に、ひとり暮らしの方に多く、
    特に泣いている理由が自分でもわからないことが多かったりします

    1人になると泣いてしまう原因は
    プロゲステロンの過剰分泌により
    心の安定の役割を持つセロトニンが減少してしまうため
    です。

    自分が嫌になるなど感情の浮き沈みが激しくなる

    「ゆううつな気分が続く」
    「人生つまらない」
    「こんなにつらいのはもう嫌だ。。。」
    「なんで健康に生まれなかったんだろう」

    などネガティブ発言が多く見られ、

    自分自身が何で生きているのか目的や価値が見出せなくなり、
    自分がとにかく嫌で仕方なくなるケースがあります。

    特に勤務中の女性は職場で元気に振舞っているつもりでも
    顔の表情に元気がなく、
    落ち込んでいるように見えるので

    上司や同僚が話しかけにくくなってしまい
    職場で働きづらくなってしまいやすい傾向があります。

    自分が嫌になるなど感情の浮き沈みが激しくなる原因も
    プロゲステロンの過剰分泌により
    情緒を安定させる物質であるセロトニンが減るため
    です。

    とにかくやたら眠い。

    朝起きたのに、パッと目が覚めない。

    仕事中なのに、やたらと眠くなってウトウト。

    こんなんじゃ仕事を続けることができないという不安感に
    悩まされ職場に行きたくなくなります。

    頻繁に眠くなる原因は
    プロゲステロンの身体を安定させようとする
    性質によるもの
    です。

    衝動買いや食欲がとまらない。

    衝動買いや食欲がとまらない原因も
    以下のような仕組みになっているからです。

    月経前症候群にかかってしまうと黄体ホルモンの分泌により
    セロトニンが減り血糖値がさがります


    Sponsored Links


    すると血糖値がさがるのを防ぐために
    興奮状態になる性質をもつアドレナリンが放出されやすく、
    さらに体調面や精神面で負担が大きくなり、

    アドレナリンとストレスのダブルパンチで
    衝動買いや暴飲暴食などの過剰な行動をしてしまうのです

    さらに味覚も変わったりするので
    味が濃いものをたくさん食べたくなり、
    塩分の取りすぎで高血圧や動脈硬化になりやすく
    むくみや肥満の原因にもなります。

    頭痛や体が重たいなどの体調不良がある。

    月経前症候群はエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れるため
    さまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。

    頭痛や吐き気、体が重たくなる、だるくなる、
    肩こり、腹痛、手足が冷たいなど
    連日で続くこともあり、

    その様子を彼氏さんや旦那さんが見ると、
    まるで他人事のように心ない言葉を投げかけられることもあり、
    ひどく悩まれる女性が多いのが特徴です。

    月経前症候群対処法!これで症状改善!

    では、どうすれば月経前症候群を解消できるのでしょうか?

    エストロゲンとプロゲステロンのバランスを
    整えてあげれば良い
    ということになります。

    そのため月経前症候群対策として、
    よく知られているのが以下の2種類です。
     

  • ピル
  • 漢方薬
  •  
    ピルは妊娠していると脳に錯覚させることで
    エストロゲンとプロゲステロンのバランスを整え月経前症候群を防ぐ効果があります。

    確かに効きめはあるのですが、つわりのような吐き気や乳がんにかかりやすいなどの
    副作用があります
    ので、おすすめできません。

    漢方薬もきちんと症状にあった適切な漢方薬を
    継続服用することで月経前症候群に効くのですが、

    一ヶ月あたり最低7000円以上、種類によっては
    1万円以上も費用がかさんでしまいます
    ので
    できれば、費用を安くしたいものです。

    そこで、経費をなるべくかけずに
    、しかも副作用がない方法で月経前症候群を解消する
    ポイントをご紹介します。

    まず解消するためには以下の6つのポイントが必要不可欠です。

  • チェストベリーを取り入れる。
  • 月見草オイルを取り入れる。
  • 食生活の改善。
  • 軽めの運動をする。
  • ぐっすり睡眠をとる。
  • しっかりと入浴する。
  • 食生活の改善は”まごわやさしい”を意識して取り入れましょう。
    食生活がきちんとできてないとケトン体になりやすくなります。

    まごわやさしいは以下のとおりです。

    ま=まめ(豆類)

    ご=ごま

    わ=わかめ(海藻類)

    や=やさい

    し=しいたけ(きのこ類)

    い=いも

    また、軽めの運動をする必要があります。

    軽めの運動をすることによって
    血液の循環が良くなりますので、
    身体の調子が良くなる土台ができます。

    5分から10分くらいで
    ちょっとずつストレッチやラジオ体操などをしていきましょう。

    さらに入浴は足湯または半身浴などできる内容で構いません。

    そしてチェストベリー月見草オイルについて
    あまり聞きなれないかもしれません。

    しかし、このチェストベリーはドイツで月経前症候群に用いられるなど効果的なことで知られています。

    チェストベリーは月経前症候群の症状の原因となる
    エストロゲンとプロゲステロンのバランスを整える働きがあります。

    プロゲステロンが多すぎる場合には抑制し、
    少なすぎる場合には増やすことでバランスを保つので
    月経前症候群に効果的
    です。

    月見草オイルはイライラや気分の落ち込みなど
    負のオーラを払拭してくれる働きがあります

    実は、これらの有効成分がきちんとバランスよく配合されている
    月経前症候群解消サプリメントがあります。

    以下のルナベリーです。

    ルナベリーはサプリメントなのでピルのように副作用の心配がありません

    ただし、ルナベリーの成分には
    女性ホルモンのバランスを正常にする働きがあるので
    妊娠中や授乳中の方は控えたほうがよいです。

    初回費用は送料が500円かかるだけでサプリ代は無料です。
    継続購入は3960円なので漢方薬から比べればずっと安上がりで済みます。

    そして、効果がもし120日間で現れなかったら全額返金保証もついていますので
    まずは、悩まずに、一度試してみることをおすすめします。

    大切なお体をしっかりとサポートしてもらいながら
    月経前症候群の心と身体の不安定を解消してくるサプリとして
    最近、雑誌やメディアなどで特に注目を浴びているサプリなのでご安心を

    月経前症候群を解消することで
    本来の女性らしい優しさを持ったあなたに戻り、
    人間関係のトラブルを未然に防ぎ
    円満な家庭が築けますので、必須のサプリです

    優しい性格でいられるのは女性ホルモンのバランスが正常であることが前提なのです。
    ぜひルナベリーで家族や社会と良好な関係を保てることを願っています。


    Sponsored Links

     

    この記事に関連する記事一覧

    コメントフォーム

    名前

     

    メールアドレス

     

    URL

     

     

    コメント

    トラックバックURL: 
    今年の花粉症の動向は?
    花男カップル結婚まで秒読み!?
    せきがとまらないけど熱がない病気の子供や大人の対処法は?
    ズバっとコメントありがとうございます。