ためになるネタちゃんねる » 頭痛 » 頭痛、吐き気が妊娠初期に起きる場合の詳しい症状と対処法

頭痛、吐き気が妊娠初期に起きる場合の詳しい症状と対処法

読了までの目安時間:約 5分

頭痛や吐き気、さらにが女性に起きた場合、
もしかすると妊娠初期にはいっているかもしれません。
 
妊娠初期になると吐き気が現れる症状、つわりの一種として考えられます。
では、つわりの解消の仕方や妊娠時に気をつけなければいけないことには
どんなものがあるのでしょうか。


Sponsored Links


いろいろな視点から妊娠時の対処法をご紹介します。

ぜひ、参考にしてつらい時期を乗り越えていただけたらと
思います。それではいってみましょう。

頭痛以外にも吐き気が妊娠初期に起きる原因はつわりだった!?対処法は?

もともと偏頭痛もちの人には見分けがつきにくいかも
しれませんが、
見分けるポイントとなるのが”つわり”です。

妊娠するとつわりになるのはなぜなのでしょうか。

じつはヒトじゅうもうせいゴナドトロピンというホルモンが
急激に増加することにより、身体がそのホルモンに対応できず
拒否反応として吐き気がおきるなどの説があります。

主につわりに現れる症状として吐き気が挙げられます。

tameneta623

嘔吐があまりに多い場合は
脱水症状になる恐れがありますので
定期的に水分補給を行うようにしましょう。

ただ、水を飲むだけで吐いてしまう場合もあり、
そのような場合は一刻も早く産婦人科へ相談してみましょう。

そして、つわりの症状はほかにもあって
普段はなかなか食べない酸っぱいものを食べたくなったり、
ちょっとした普段では気にならないにおいにも敏感になったり、
急に、ごはんを食べたくなくなったりします。

また、唾液の量がいつもよりも特に多くなるのが特徴です。

他にも、食べつわりという症状にも見舞われることがあります、
食べつわりとは、とにかく何かを食べないと気がすまない状態になることであって、
いくら食べても食べたりない・・・そのようなつらい症状です。

この食べつわりにかかってしまうと数十キロも体重が増えてしまい
産後太りの大きな原因となっていますので特に気をつけるべきだと思います。


Sponsored Links


むしょうに食べたくなるときには”口がさみしい”状態なので
ガムや飴などを口にいれてとにかく噛み続けることで対処しましょう。

このように、つわりで何らかの症状がでてくるときには
すでに妊娠してから一ヶ月以上(主に5週から)経過していることが多く、
3ヶ月から4ヶ月後(15~16週前後)に治まることが多いのです。

このような症状にかかった場合は
まず、頭を冷やすようにしましょう。

頭痛は断続的におきますので
一時的に治ったからといって
安心せず、また痛みだしたら頭を冷やすようにしてください。

頭痛薬にあまり頼りすぎるのはよくないですが、
どうしてもというときには
産婦人科の医師に頭痛薬について相談してみましょう。

おそらく、カロナールや市販の薬局で販売されているセデスなどを
薦められると思います。

頭痛薬以外で治す方法として有効なのは
カフェインの入っている飲み物です。

たとえば紅茶やコーヒー、カフェオレなどです。

また、頭痛の原因のひとつとしてよく挙げられるのが
鉄分が欠乏しているということです。

妊娠していると鉄分はかなり消費されやすいので
食べ物で補う必要がでてきます。

ただ、鉄分が多く含まれているレバー系は
食べ続けると妊娠しているかたにはよくありませんので
代わりにほうれん草を食べるようにしてみてください。

そして、妊娠すると食べ物を上手く食べれなくなってしまいやすいので
おかゆやスープ、ヨーグルト、ゼリー、アイスなど
消化のよいものをできるかぎり食べるようにしましょう。

そしてママさん必見!つわりや妊娠中に長く続く憂鬱な気分を吹き飛ばすのが
妊婦さん専用のハーブティーです。

毎日、少しずつ飲む習慣を身に着けるだけで
丈夫な赤ちゃんを産むことができます♪

私の友人も、このハーブティーのおかげで
妊娠中に何度も精神的にも体力的にも助けられたと言っていました♪

いかがでしたでしょうか。

妊娠しているときはとても大変です。

じっとして家にずっといるのも気分的にも
滅入ってしまいやすいので

家の近くをかるく散歩するなどして
ストレスを解消するように心がけましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました♪


Sponsored Links

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ズバっとコメントありがとうございます。