足立区花火大会は
足立の花火」と呼ばれ、
夏の風物詩として昔から親しまれている花火大会です。
 
元々は「千住の花火」だったものが、
6年前から「足立の花火」が
正式名称になりました。
 
千住橋の落成を祝っての花火が、戦後
「足立区の花火」として生まれ変わったのです。


Sponsored Links


今回は足立区花火大会2015の日程の変更と
場所取りのとっておきの方法とアクセスのコツ
を公開しちゃいます!

ぜひ足立の花火ライフを極めて、
花火を満喫しちゃってください。


まず足立区花火大会とは
どの様な感じなのか、以下の動画をご覧ください。

この動画を見た感想をはっきりいいます!
ヤバイですね!良い意味でヤバイ!
そんな感じです。

フィナーレは音楽がかかって雰囲気が出てますし、
カラフルな花火が色鮮やかでとても素敵です!

足立区花火大会2016の日程と場所取りの方法とアクセス

足立の花火は毎年7月最後の木曜日に開催されることに
なっていたのですが一昨年から土曜日に開催されました。

このようになった経緯は隅田川花火大会の一週間前の土曜日
良いとのお考えから変更になったそうです。

ですので、7月23日土曜日が予定になっています。

今後もこの傾向が続くとのことなので
日程はくれぐれもお間違えのないようにしてください

特別扱いされながら足立の花火を楽しみたい!そんなあなたに朗報です!

足立の花火の観覧クルーズの予約ができます!
人一倍楽しみたいあなたにぜひおすすめ!

屋形船クルーズはとても人気が高いので早めにチェックしておきましょう。
adatihanabi

6月くらいになってから
こちらの公式サイトの最上部にあるサイト内検索から
足立の花火と検索すると

adatihanabikensaku

大型釣船で行くクルーズと東京ソラマチ銀座アスターから花火が
見える窓席プランなどが登場するかと思います。

東京クルーズ・花火が見える窓席プラン

そして、花火を打ち上げる場所は荒川の河川敷です。

観覧場所は千住側(正面)と西新井側(裏側)の二つがあります。
どちらも無料で観覧することができますが場所取りが必要です。

また、千住側は場所が狭いので混みやすいです。
西新井川のほうが余裕でくつろげると思います。

千住側(正面)は混みやすいので良い場所取りのために
14時くらいには行った方がよいと思います。
場所にこだわらない場合は15時でも大丈夫です。

tameneta606


Sponsored Links


西新井側(裏側)はそれほど混まないので
15時までに行くのがベストです。
場所にこだわらなければ16時でもなんとか大丈夫かもしれません。

千住側(正面)へはJRや東京メトロ、東武鉄道などを利用して
北千住駅で降りましょう。
駅からゆっくり歩いても20分で河川敷まで行けます。

西新井側(裏側)へは東部スカイツリーラインを利用しての
小菅駅、五反野駅、梅島駅を降りましょう。
どの駅からもゆっくりでも20分くらいで行くことができます。

見たい場所から、綺麗に見えると思える場所から、
花火を堪能してみてください!

もしわからないことがある場合は
足立区役所へお問い合わせをするとよいでしょう。
03-3880-0039

足立区花火大会の見どころ!音楽花火なども!

さて、足立の花火の見どころについて、
紹介していきますね!

何といっても、その花火の
種類の多さ!

足立の花火は1から4の幕(ステージ)
あるのですが、
幕によって花火の種類が変わります!

時に、菊のように花開くものから
開いた後にも余韻であるかように光が残るもの。
複数の花火が一斉に花開くものや光が飛び回るもの

まだまだたくさん種類がありますが、
その種類は豊富といえるでしょう。

開いた大きさはとても大きく、
300m以上あります!
それが高く高く打ち上げられるのです。

そのスケールの大きさといったら
言葉も出ませんね!

更に、3幕とフィナーレでは
音楽に合わせて花火が打ち上げられます!

過去には、かの有名な「威風堂々」に合わせて
打ち上げられていました。

複数の花火が一気に
ドバッ! と音楽と一緒に打ち上げられ、
空を覆います。

夜空にまんべんなく打ちあがる花火はただでさえ
圧巻の光景だというのに、
音楽が一緒だと雰囲気がとてもよくなりますね!

まぁ、恐らく、花火の音で
ほとんど聞こえない可能性もありますが……。

それでも、花火と共に夏の夜を彩る音楽というのも
良いと思います。

今年はどんな音楽がかかるのでしょうか。

そう言えば、私が大学へ向かう際に、
ちょうど北千住駅を通るんです。

北千住も足立区なんですよね。
「通るだけの駅」という認識で、
あまり関心がありませんでした。

進級してから東京に近い場所を
良く見かけるようになり、
また、一人暮らしをしてわずかな自由を得たこの時、
より一層世界が広まったような気持ちになりました。

そしてそれらの世界に
自ら足を踏み出していきたいという
思いを抱く様になりました。


だから、これらの町のイベントにも参加したいと
思えるようになってきたのです。

まずはGWあたりに柴又を観光しに行きたいな、
などと考えています。
私の住んでいるところと近いですからね。

そして、足立区の花火大会についても行こうと
考えています。
時期になったら、ぜひ足を運んでみたいと思います。
今から楽しみです。

足立区は、今なお安心して人々が生活できるよう、
様々な活動に取り組んでいます。
そのおかげで人口や訪れる人も増えているのです。

それも挑戦することであり、
「足を踏み出してみる」ことだと思います。

そんな足立区に、貴方も足を運んでみませんか?

そして、他に例のない壮大なスケールの花火を見て、
「こんな凄い花火があるのか」
新しい世界に踏み出してみませんか?

家族連れでも、恋人とでも、友達とでも、
一人でも。
花火を見るのは、とてもいい思い出になります。

夏の思い出に、ぜひ
足立の花火を見に行ってみてくださいね。


Sponsored Links