ためになるネタちゃんねる » お祭り » 葵祭2016の日程と駐車場は?見どころは斎王大行列!観覧席からどうぞ!

葵祭2016の日程と駐車場は?見どころは斎王大行列!観覧席からどうぞ!

読了までの目安時間:約 4分

京都のお祭りといえば何を想像しますか?
 
やっぱり祇園祭でしょうか。
派手で美しい山鉾は見に来る人が多いですよね。
 
でも、もう一つ忘れていませんか?
祇園祭の前に行われる祭り、葵祭を。
 
京都の三大祭と呼ばれるうちの一つである
葵祭について、今回はお話していきます。


Sponsored Links


 

 
葵祭、2016年の日程は?駐車場は?
 
 
葵祭は毎年5月15日に行われます。
雨天の場合、次の日に延期となります。

下鴨神社と上賀茂神社で行われます。
この二つの神社を通る行列が有名ですね。

駐車場については、ちょっと厳しいですね。
交通規制が敷かれるために、上に挙げた神社の
駐車場が使えません。

人も多いので、有料の駐車場も混んでいます。
相当早くに来なくてはならないでしょう。

実際多くの人でごった返すので、
駐車場も満席になっているでしょう。

電車で行くのが無難です。
京都駅から市バスも出ています。
運賃は220円から180円ですね。

地下鉄で烏丸線の今出川駅から市バスで京都御所までか
京都駅から市バスで下鴨神社に向かうといいでしょう。
 

 
葵祭の見どころ、穴場スポットは?
観覧席で見るのがおすすめ!

 
 
葵祭はやはり、平安時代の衣装を着た、
京都御所から上賀茂神社までを練り歩く行列が
有名ですね。

当時の風景そのままの行列は絵巻物を連想させます。
本列と斎王代列に分かれています。

本列には牛車や使いの人などが並んでいます。
斎王代列には、女官が多く並びます。


Sponsored Links


特に斎王代列はかつての帝の身内の行列というだけあって
荘厳な雰囲気がありますね。

O41hDYszhOB9BLq1392105841_1392105877

ちなみに、斎王とは昔の皇族の女子で、
伊勢神宮や賀茂神社で
巫女のようなことをしていた人たちのことです。

観覧するには有料の観覧席がおすすめです。

2000円台と高めですが、街中で見るよりも
当時の雰囲気を味わいながら行列を見れますよ。

下鴨神社参道と京都御所の周辺である京都御苑にあります。
利用してみてはいかがでしょうか。

行列は10時半ごろ、京都御所からスタートします。
下鴨神社まで約一時間。
最後の上賀茂神社まで約一時間かけて歩きます。

このお祭りは、平安時代から行われてきました。

かの有名な『源氏物語』にも
葵祭を見るための牛車の場所取りでもめる「車争い」の
光景があります。

何だか現代の葵祭の混み具合も、
当時を彷彿とさせますね。

当時と変わらないものは、衣装や行列だけではなく、
人々も同じようです。

祇園祭などとは違い、騒がしくなく、
静かに行列を見るのがこのお祭りの楽しみ方です。

そんな葵祭を見に、京都に足を運んでみてはどうでしょうか。


Sponsored Links

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ズバっとコメントありがとうございます。