節分」についてどれだけご存知でしょうか?
今回は節分の意味や豆まきをする理由、
節分そばや恵方巻きなど
食べ物が用いられる由来についてご紹介していきます。
 
ではいってみましょう!
 
節分とは?節分はいつ?
 
そもそも、節分とは「季節を分ける」
という意味合いがあり、
立春、立夏、立秋、立冬の前日
を指しています。


Sponsored Links


2015年、2016年、2017年、2018年、
2019年、2020年と2月3日が節分になります。

このように2月3日が節分であることが多いのですが、
2021年のように時折2月2日になることもあります。

つまり21世紀は2月2日
または3日が節分になるのですが、
1900年代、つまり20世紀は
2月3日または2月4日が節分でした。

このように節分の日は変化するので要注意ですね。

 
そして昔の暦では
立春が一年の境目とされていました。
今でいう大晦日のようなものですね。
 

 
節分に豆まきをするわけは?

また、「節分の時に豆まきをして邪気を払う
というのは中国からきた風習です。
昔の中国では12月末日の大晦日の日に
邪気を払う儀式が宮中で行われていたのです。
 
ですのでその風習と
日本の節分が融合したのだと考えられています。
  
今では鬼とは虎の腰巻をはいた、
角を生やしていて金槌を持っている
というようなイメージがありますが、

鬼は「隠(おん)」が転じたもので、
「姿が見えない恐ろしいもの」を表していたそうです。
 
tameneta557
 
皆さんが知っているあの姿が
確立されたのは平安時代、
艮(丑寅=うしとら)が鬼門という
悪い方角とされた事から来ているのです。
 
ちなみに中国の「鬼」は
本来は「死者の霊魂」という意味で、
日本では幽霊といったりしますね。
 
ですので、邪気や魔の象徴として
「鬼を払う」ということなのだと思います。
   


Sponsored Links


豆をまくのは「魔滅(まめ=魔を滅する)」
に通じるためであって、

柊の小枝とイワシの頭を飾るのは、
柊のあのギザギザした葉が鬼の目に刺さり、
焼いたイワシの匂いで
鬼が逃げるからだと言われています。

そんな節分ですが、
皆さんは節分の時に食べるものといったら
何を思い浮かべますか? 
やっぱり恵方巻きでしょうか? 

筆者もそう思っていたんですが、
実は、節分の時にそばを食べる風習
というのも存在しているのです。
「節分そば」と呼ばれるものです。
 

 
節分そばや恵方巻きの由来は?

理由や由来は前述したとおり、
節分が一年の境目として考えられてきたからです。

年越しの時にそばを食べる理由としては
そばは長く伸びるため、長命を願って」など、
諸説ある模様。

いずれにしても、「良い年になるように」
という願いが込められているのです。
 
節分の時に恵方巻きを食べるのにも
ちゃんと意味はあって、
「福を巻き込む」と言う願いがあるそうです。
 
本来恵方巻きには七福神にならって
7つの具材を入れるものだからです。
 
ちなみに、恵方巻きを切らずに丸かぶりするのは
縁が切れないようにする」ためなのだそうです。
 
「丸かじりするのって食べにくいなぁ」
と考えていた筆者も、
このような意味があると知ったからには
今度、恵方巻きも丸かぶりして食べようと思います。
 
「節分」やその行事に使われる食べ物の由来、
いかがでしたでしょうか。
 
こうしてみると、
「節分」にはいろいろな願いが込められている
ということがわかりますね。
 
 今まで考えてきた「節分」のイメージから
ちょっと離れて来年の「節分」を楽しんでみるのも、
いいのではないでしょうか。

以上です、ありがとうございました。


Sponsored Links
The following two tabs change content below.